本格的なコーヒーを作りたいならバリスタの資格を取得しよう

コック

コーヒーの専門家

コーヒー豆

バリスタを養成している団体もあります。また会社が運営しているバリスタの養成学校もあります。学校法人ではありませんので卒業しても、卒業資格は与えられませんが、就職するときには即戦力になるような学習が行われています。

詳しく読む

長い修行が必要

調理師

調理関係のプロになるには、お店に弟子入りしたり、専門学校を出て就職したりと様々なルートがあります。どの方法でも生半可な気持ちではできない上、修行も長いのでしっかり覚悟しなければなりません。収入的にも不安定なので注意しないといけないでしょう。

詳しく読む

あえて専門学校に行く

飲料

ライバルと差別化をする

ここ数年で急激に耳にする機会が増えたのがバリスタです。バリスタはコーヒーのスペシャリストで、カフェなどが代表的な職場です。原則としてバリスタを名乗るために必須の国家資格などは存在しません。資格自体は存在しますが民間が発行しているものなので、万が一になかったとしてもバリスタとしては働けます。カフェなどで修業を積むのがバリスタを志す際の既定路線ですが、最近ではあえて専門学校に行って資格の習得を目指す人も増えています。カフェに就職や開業をする時、資格を持っているとコーヒーに関する知識や技術が十分であるのを証明でき、かなり有利だからです。現代の日本にはカフェが急増中で、ライバルと差別化する方法のひとつが資格です。

ステップアップできる

専門学校でバリスタに関連した資格の習得を狙う際には複数のスクールから資料を取り寄せるのがコツです。前述したようにバリスタの資格は民間のモノで、専門学校に関してもどんなカリキュラムを組むのかはそれぞれの裁量による部分が大きいです。学校ごとに何に重きを置くのかはまちまちで、例えば資格試験に合格できるよう知識面を充実させているところもあれば、働き始めた後を考えて腕前を磨くのに多くの時間を割くスクールもあります。将来的にどんなバリスタになりたいのかは個々で違い、志望者の数だけ答えがありますから、ここに関しては自分自身でよく考えるしかないです。目的意識を持てば時間や費用の節約にもつながりますし、何よりも効率よくステップアップできます。

一年制から三年制まで

調理

辻調理師専門学校では、多彩なジャンルの料理を、それぞれの専門の先生から学ぶことができます。また、技術はもちろん、知識も学ぶことで、より意欲のある調理師育成を行います。一年制から三年制まで幅広い学科をそろえていますので、ぜひ一度オープンキャンパスに参加されることをおすすめします。

詳しく読む